年々と蓄積されてしまったシミは一度で始めたら治らないものと感じてしまいます。

なかなか完璧に綺麗にシミを消すのはとても大変ですが、日々のケアや美白対策をする事によってシミを薄くさせる事ができます。

まずは現状のシミを増やさない、濃くさせないこれが大切でコツコツと紫外線対策やアフターケアを心がけましょう。

今回、シミに有効的な成分をご紹介してみたいと思います。

シミを無くすように日々心掛けして綺麗な美肌を取り戻しましょう!

シミの原因や種類を知ろう!

シミと言ってもその種類は数種類あるので、まず自分がどのパターンの種類のシミであるのかを知ることから始めましょう。

そのシミの種類によっても効果的な対策方法やアフターケアも変わってきてしまいます。

老人性色素斑

一般的なシミで紫外線による影響でシミが出来てしまうパターンです。

年齢が若ければ目に見えなくシミ予備軍としてお肌の奥で眠っている可能性もあり、年々時期がたてばシミが表に出始め濃くなってきてしまいます。

肝斑

女性ホルモンの影響で出てきてしまうパターンのシミです。

頬骨や目尻、鼻の下や額等に左右対称に出始めます。

老人性色素斑と似ていますが閉経になると消える可能性の高いシミです。

そばかす

幼いころから小さい斑点上の細かいシミです。

小さい頃に出る場合は、ほぼほぼ親からの遺伝によるものが多いと言われています。

大人になってからでも出るケースがあり、原因が紫外線の影響です。

炎症性色素沈着

紫外線の影響と違いお肌の炎症によって濃くシミになてしまう可能性があります。

多くはニキビや虫刺されや傷跡などが原因。

自然と消えることも多いですが、シミとなり残る場合もあります。

シミやそばかすに効果的な成分をご紹介!

紫外線の影響でシミやそばかすが増えた場合紫外線対策と更にアフターケアをする事によってシミやそばかすを薄くさせる効果があります。

その効果的な成分をご紹介するのでアフターケアの化粧品を選ぶ際にそれらの成分が含まれているかをチェックしましょう!

チロシンをメラニンに変えないチロシナーゼを制御する成分

シミやそばかすの原因となるのはまずメラニンが原因です。

なのでその、メラニンが活発に働く前に阻止すなければいけません。

チロシン成分がメラニンに変えてしまう酵素のチロシナーゼをまず制御をする成分をご紹介します。

・ビタミンC誘導体
・アルブチン
・コウジ酸
・プラセンタ
・リノールさん

メラノサイトの活動を抑える成分

続いてメラニン生成を抑える為のもう1つの成分メラノサイトをご紹介します。

メラノサイトは「トラネキサム酸」抗炎症作用があり、メラノサイトを抑える作用となっています。

シミやそばかすだけでなく、炎症性色素沈着のニキビや肝斑等にも効果的です。

・トラネキサム酸

メラニンを還元する成分

最後にメラニン生成を抑えててくれる成分もとても大切なのですが、生成されたメラニンを還元することができる成分が配合されているものがシミを消す、薄くする事が必要となります。

その際に活躍してくれる成分は「ハイドロキノン」です。

天然成分でコーヒーや果物に含まれている成分ですが最近では化粧品にもよく配合されている成分です。

先ほどご紹介したチロシナーゼを制御やメラノサイトの活動を抑える成分のダブル効果もあり、更にはすでにシミやそばかすができたお肌でも消す効果があります。
なのでシミ対策でのアウターケアの化粧品を探す際は「ハイドロキノン」配合のものであるかをチェックしましょう。